リレーコラム/その3「デザインとインタープリテーション」

杉田亜紀 日本インタープリテーション協会運営委員

リレーコラムのバトンは、なんと林さんをぴょ~んっと飛び越えて、今度は私、杉田亜紀が受け取りました!

みなさま、初めまして、杉田亜紀(キャンプネーム:むぅ)といいます。

昨年まで山梨や東京でインタープリターとして、公園イベントの計画・実施をしていました。今は現場を離れ、専業主婦をしています。そして時に、日本インタープリテーション協会の活動を手伝ったり、我が故郷・滋賀のアンテナショップ(https://cocoshiga.jp/)で、地酒を出しながら、ふるさとの魅力を伝えたりしております。

前回コラムの由香子さん同様、私も今年の日米インタープリテーション研修に参加し、グランドキャニオン国立公園に行ってきました。人生初の訪問に、雄大な景色はもちろん、あちこちに公園メッセージがある様子に「わぁ~!」と夢中で写真撮影!すっかり魅了されました。

私が特に素敵だと感じたものは、ブックストア(いわゆる、お土産屋さん)です。買い占めたくなる勢いでグッズのデザインが素敵!ステッカーもワッペンもカッコよくて、すぐに身につけたり飾りたくなります。しかも、ちゃんとメッセージがあるのです!見た目で選んでもちゃんと伝わる。ノンパーソナル・インタープリテーション(人を介さないメッセージの伝え方)において、デザインはやっぱり大事だなぁと強く再確認しました。詳しくはフォーラム当日の由香子さんの報告をお楽しみに♪

 

さて、私が今、アルバイトをしているアンテナショップ「ここ滋賀」も、とってもオシャレな場所です。滋賀県を知らない人がふらっと入ってきて「滋賀県って、こんなにオシャレなんですねー!」と思わず声をかけてきてくださるほど。(出身者としては東京のほうがよっぽどオシャレですよ…と思いますが。笑)

*写真はHPより拝借

しかし、スタイリッシュすぎて情報不足なのか?時には基本情報ですら伝わっていないことも…。私は1階のバーにいるのですが、一目見てわかる大きなメニュー表がないため、「飲みものは何があるの?」と聞かれることがしばしば。まぁ、それがきっかけでお客さんと会話ができるというメリットもありますが、お客さんによっては、自分から問わなきゃ情報を得られないという状況に、ハードルを感じる人もいますよね。それに、特に目的なく来て、さーっと見るだけの人には、何も伝わっていないかもしれません(オシャレさは伝わっているかもしれませんが…)。ちなみに、グランドキャニオンのブックストアは、さっと見て歩いても、英語が分からなくても、公園メッセージがわかるようになっていました!すごい!

ただ、あれこれ情報を載せすぎて店の雰囲気と合わなくなると、統一感がなくなり、何も印象に残らない恐れも…。世の中には「デザインの敗北」なんて言葉もあるみたいですが、「デザインと情報伝達」というのは難しくておもしろいなぁと常々思います。

私は農学部出身でデザインについては無知なため、今は本を読んだり、ネットで調べたりして勉強中です。そのせいか最近はネット広告にやたらとデザイン専門学校のCMが現れるようになりました(あのシステム、すごいですよねぇ)。でも、「そうか、学校行っていた人に聞いてみたらいいのか」とヒントをいただけたので、芸大出身の子に学校で学んだことを尋ねてみました。3人に聞いたのですが、みな揃いにそろって、「学校では特に何も教わってない」だそう。(笑)

むしろ、社会に出て仕事としてからのほうが学んでいるそうです。街のあちこちにあるチラシにポスター、展示などなど、「自分がいいなと思ったもの」の「何がよかった」「なぜ惹かれた」のかを分析しているそうです。この方法はよく聞きますが、プロのデザイナーも素人も関係なく、そうして日々センスを磨くしかないんですね。
アンテナショップには、外国人のお客様もよく来られます。そのため、よりデザインが大事になってくるだろうと考えています。どんな人が見ても伝わる、いわゆるユニバーサルデザインもひとつですね。今回のインタープリターズ・フォーラムでは「訪日外国人に日本の伝統的な活動を伝えるインタープリテーション」や「ノンパーソナル・インタープリテーション」といったテーマの分科会が2日目に行われます。各内容が「デザイン」にドンピシャに当てはまっているわけではないのですが、「ビジターにどう伝えるか」について、様々なインタープリターのみなさんと考えられることをとても楽しみにしています。

また、インタープリテーションの現場では少人数で活動されているところが多く、チラシ、など自作されている方がたくさんいると思います。そんなみなさんのデザイン・ポイント(意識していることなど)も、ぜひフォーラムでお話できたら嬉しいです!

あ、そして、私のデザインスキルアップのために、チラシ作成等依頼してくださるという宇宙のように心広い方もお待ちしております(笑)

さあ、次のリレーコラムは、公益財団法人キープ協会&日本インタープリテーション協会理事である、ますやんこと増田直広さんにバトンパスです!お楽しみに♪

リレーコラム/その2「ここがオモシロイ!」インタープリターズフォーラムのプログラム紹介

増田由香子  Officeハッピートレイル

前回のリレーコラム担当・古瀬さんからバトンタッチされたOfficeハッピートレイルの増田由香子です。古瀬さんのインタープリターズフォーラムに込めた熱い思いを受けて、私からはフォーラムの「これがオモシロイ!」のいくつかのプログラムの中から、1日目夜の「報告!日米インタープリテーション研修会@グランドキャニオン国立公園」について、ちょっとだけ内容をご紹介したいと思います。この報告、ぜひ楽しみにしていてほしいと密かに(もう密かじゃなくなりました・笑)思っているプログラム。ちなみに私は研修会の通訳を2001年から担当していまして、バージニア州にある「コロニアル国立歴史公園」やワシントン州にある「ノースカスケイド国立公園」で少しインタープリターの仕事を経験した、アメリカの国立公園が好きで仕方がない、自称「national park geek(国立公園オタク)」です。

日本インタープリテーション協会では1995年からアメリカ各地の国立公園を舞台に日米インタープリテーション研修会をおこなってきました。アメリカ国立公園局(米国内務省管轄の政府機関)とコラボレーションして継続的に行っている研修会としては多分(というか絶対に)日本で唯一の研修会です。30年以上続いている研修会ですが、毎回刺激的で新たな発見・学びがあります。同じ所に留まって満足せずに「トライ&エラー→調査改善&再トライ&エラー…」を常に行い、行政組織の枠を超えて他の行政や民間と協働することは至極あたり前というオープンで建設的な考え方がベースにあり、「お互いからいろいろと学び合う」ことを大事にしていることがとても心地良く、楽しい研修会です。

さて、今年の研修会が行われたのは世界的にも有名なグランドキャニオン国立公園でした。1979年には世界遺産にも登録、その面積は1,904平方マイル(東京ドーム10万個分!)というとてつもなく広大な場所で年間のビジター数は600万人。そのうち何と40~50%が海外からの外国人ビジターという特徴を持った公園です。近年急激に外国人観光客が増加している日本にとって、きっとヒントがたくさんあるはずということで、今回のテーマは「多様なビジター向けインタープリテーションと新たなトレンド」と題して実施しました。

グランドキャニオン、実は日米IP研修会の記念すべき第1回目の舞台でもあり、私自身15年ぶりの訪問でした。たくさんの変化の中でも一番印象にある変化は15年前には運行していなかった天然ガス燃料のシャトルバス(無料)が園内を走っていたことです。バスはたくさんのビジターが利用し、なんと年間780万回の乗車数があるとのこと。このバスを「インタープリテーション」に利用しない手はありません。

日本でもバスや電車に乗ると「まど上広告」(窓の上に横並びに広告ポスターが貼ってある)というのがありますよね?シャトルバスのまど上広告がずらりと並び、それはすごかったんです!民間の広告は一切なく、すべてが国立公園オリジナルの広告メッセージ、つまり「人を介さないインタープリテーション」が行われていました。バスの入り口付近「国立公園局の使命(ミッション)」が書かれたポスター、そしてその横にはズラッと「野生動物に食べ物を与えないで」の注意喚起ポスター、「なぜグランドキャニオンでは“水”が大切で、節水をしなければならないのか」「ハイキングのプチアドバイス」「公園内の博物館の案内」「野生動物の生態」など、さまざまな広告サイズのポスターが貼られていて、否が応でも(笑)乗車したビジターの目に触れるようになっています。観光客に公園のメッセージを伝え、自然・文化・歴史資源の保護保全の協力をしてもらうためにありとあらゆる場所にインタープリテーションの種がまかれていました。あきらめず、しつこく何度でもどこにでもメッセージを発信することは大事ですね。

このほかにもたくさんおもしろい報告をしたいと思っています。お楽しみに♪実践×研究=グッド&パワフルなインタープリテーションを今回のフォーラムで一緒に考えましょう!次回のコラムは千葉県立中央博物館の林浩二さんです。私のコラムは勝手に「インタープリターズフォーラムのプログラム紹介①」というタイトルにしていますが、林さんのタイトルは②にならない可能性大です(笑)ご了承ください。


インタープリターズ・フォーラム2018について

■インタープリターズ・フォーラム申し込みサイト

リレーコラム/その1『インタープリターズフォーラム2018』に向けて

6月に清里で開催を予定している『インタープリターズフォーラム2018』に向けて、展望を語るリレーコラムの第一回目です。

インタープリターの集まりを何故やりたいのか?


古瀬浩史 帝京科学大学/日本インタープリテーション協会代表理事

■「インタープリテーション」はめちゃくちゃ幅が広い
私はインタープリテーションの現場で長く仕事をして来たので、これまで「インタープリテーションとは何か?」という説明する機会が頻繁にありました。でも、いまだにその説明には少々苦労します。皆さんはいかがでしょう? インタープリテーションは教育でもありますが、同時にエンターテイメントでもあります。伝える「技術」とも言える一方で「概念」を示しています。理科要素も人文要素も含んでいます。専門性のあるプロの活動でもあり、ボランティア活動でもあります。「環境教育」でもあるし、別の視点では「公園管理の手法」でもあります。こうやってみていくと、きわめて幅広く、ある意味は曖昧で、説明がむつかしい分野だと言うこともできそうです。
インタープリターがたくさん集まりそうな既存の機会としては、「つなぐ人フォーラム」や、日本環境教育フォーラムが主催する「清里ミーティング」があります。これらは非常に有益な機会ですけれども、「インタープリテーション」に関することがたくさん議論されているかと言うと、そうでもないと思います。研究分野ではインタープリテーションに関する研究発表は環境教育学会や造園学会などに時々みられますけれども、それほど件数は多くありませんし、これらの学会に参加してもインタープリターはとっても少数派です。つまり、インタープリターが、インタープリテーションについて心ゆくまで語り合う交流の機会はそれほど多くないのが現状だろうと思います。

■インタープリターは孤立している(ことが多い)?
インタープリテーションの仕事の現場を見ると、小さな拠点(ビジターセンターや事業所)が多く、活動も外に出る事が多いため、インタープリテーションについて相談したり意見を交換する機会はあまり多くない状況があるのではないでしょうか。自然が好きなインタープリターは、人里離れた拠点で少人数で仕事することを、それほど苦にしていないかもしれませんが、モチベーションの維持や、技術の向上のためには、時に似た活動を行っている人との交流や、新しい情報の共有が必要なように思います。(離島での活動経験からゼッタイそう思うな・・)

■インタープリターはどこで学べばよいのか
日本インタープリテーション協会では、インタープリテーションの先進地であるアメリカの国立公園へのスタディツアーを定期的に行っていますが、行くたびに驚かされるのは、アメリカの公園のインタープリテーションがいつも新しいチャレンジをしていて、同じところに留まっていないことです。米国がなんでも優れているなどとは思っていないのですが、いつ行っても変化があり、新たな学びがあります。おそらく、研究、実践、検証、共有・・といったことが機能しているのだろうと思います。
日本でインタープリテーションを学ぼうとする時に、民間団体や環境省などが主催する集合研修が一つの手段として考えられます。これらの多くは入門的な研修であり、継続教育に関しては、組織内のOJTや自己研修だけに頼っている感があります。
インタープリターの向上のためには、新しい情報得たり、自分の取り組みを発表したり、交流する機会が、やはり必要なように思います。

■「研究」的な視点
私は、長らくビジターセンターなどの現場に勤めた後に、大学に職を得ました。今、改めて思うのは、現場のインタープリターは、もっと「研究」的な視点を持って活動したらよいのではないかということです。一般的な現状としてはルーチンワークや優先度の高い直近の仕事に追われることが多いのだろうと思います。でも、ちょっとでも研究的な視点を持って、記録を残して評価したり、自分の活動を分析したり、資源について調べたりすれば、それは他の人にとっても価値があり、確実にこの分野の向上につながっていくのだろうと思います。そこで、今回のフォーラムは、「交流」に加えて「研究」を掲げてみました。ただ、それはプロの研究者が行う研究のための研究ではなく、新しいチャレンジを一般化してみたり、新しい視点を示してディスカッションしたり、といったインタープリテーションの向上のための実践的な研究だと思います。研究というと、二の足を踏む人もいるかもしれませんが、現場のインタープリターが気軽に成果を発表できるプラットフォームを創ってみたいと思っています。チャンスあれば、僕の研究室の学生にも発表させたいなあと。もちろん、まずはそれらを聞きに来るだけでもOKです。

さて、今回のフォーラムに向けての思いを書いたので、少し堅い話になってしまいました。そろそろバトンを次の人に渡そうと思います。次回のコラムは、アメリカの国立公園でインタープリターとしての活動経験があり、だれよりもアメリカのインタープリテーションを知る事情通・・。かつ婚活ファシリテーターとしても活躍する増田由香子さんです!


インタープリターズ・フォーラム2018について

■インタープリターズ・フォーラム申し込みサイト

満員御礼:日米インタープリテーション研修会は今週末から

第21回日米インタープリテーション研修会は今週末出発し、グランド・キャニオン国立公園、ペトリファイド・フォレスト国立公園などで行われます。

Wifiが上手く使えれば、インタープリテーション協会のFacebookページに状況を投稿する予定です。

乞うご期待!

第21回 日米インタープリター研修会!

グランドキャニオンでアメリカのインタープリテーションの今を学ぶ

第21回 日米インタープリター研修会(予報)

アメリカ国立公園局(National Park Service)とのパートナーシップによる、日本人向けのインタープリテーション研修会。アメリカのインタープリテーションの今を直接学べるチャンスです!

日 程(予定):2018年3月18日(日)~3月27日(火)
    ※成田発着で日程案を変更しました。飛行機によっては、3/26帰着も可能です。

場 所:米国グランドキャニオン国立公園
対 象:インタープリテーションに興味が有る方、どなたでも。定員先着10名。

内 容:雄大な景観のグランドキャニオンを場に、インタープリテーションのいろいろな方法、メディアについて学びます。全米に数カ所ある、レンジャートレーニングセンターの一つオルブライト・トレーニングセンターが会場です。

参加費:現地で研修にかかる費用(施設利用、通訳関係費用、レンタカー、ロッジング、研修費用)を参加者でシェアします)。14万円くらいを想定(完全に非営利のプログラムです)。集合はフェニックスの空港を予定しておりますが、東京から同行希望される方は、成田に集まりましょう。東京からアメリカまでの飛行機代を入れると32万円くらいが想定されます。 飛行機便についてもアドバイスいたします!

概 要:日本インタープリテーション協会では、1995年よりアメリカ国立公園局の協力を得て、研修会を実施してきました。本場のインタープリテーションを、各分野の専門家や現役のレンジャーから直接学ぶ貴重な機会です。また、日米のインタープリターが交流する場にもなっています。

主なスタッフ(予定)

 ルディー・ダレッサンドロ:NPS国際部。アメリカ側のコーディネイター。
 グランド・キャニオン国立公園のスタッフのみなさん
日本側のスタッフとしては、本研修会の通訳を長年担当している増田由香子さん、古瀬浩史(日本インタープリテーション協会、帝京科学大学)が同行いたします。二人とも長く日本で環境教育やインタープリテーションの活動に携わっていますので、経験の少ない方などのフォローをさせて頂きます。(英語が苦手、という方でも問題ありません)

ご興味がある方は、どうぞお尋ねください!
担当者:古瀬浩史(日本インタープリテーション協会・帝京科学大学)
E-mail:aij(アットマーク)interpreter.ne.jp  電話:03-6868-5499(担当古瀬)

日本アセアンセンター主催 インタープリテーション計画の研修会

日本アセアンセンターが、ASEAN諸国のインタープリテーション関係者を対象に日本で「インタープリテーション計画」をテーマとした研修会を行います。この研修会に日本人参加枠が設定されており、日本人の参加者を若干名募集しております。

詳しくは下記サイトで御覧ください。
http://www.asean.or.jp/ja/tourism-info/20170731/

——————————————————————
以下がセンターウェブサイトでの広報文

インタープリテーション計画は、自然・文化・歴史遺産資源を管理しながら、遺産地区や施設でのビジター・サービスを進めていく上でのガイドラインを示すものです。また、遺産地区や施設でのビジターサービスにいて戦略的な運営と管理の仕方についても記します。インタープリテーション計画は、持続可能な観光開発と管理、運営に必要なツールと言えます。「インタープリテーション計画研修」では、インタープリテーション計画について学び、計画作成を促すものです。ご関心のある方は、研修要項、参加条件、申込書(Application form)をご覧ください。

●研修要項<http://www.asean.or.jp/ja/wp-content/uploads/2017/07/Japanese-Announcement-of-the-training-program.docx>

●参加条件<http://www.asean.or.jp/ja/wp-content/uploads/2017/07/Japanese-Project-outline072717.docx>

●申込書<http://www.asean.or.jp/ja/wp-content/uploads/2017/07/Application-form-for-participation.docx>

参加申込: 日本アセアンセンター観光交流部 宛( info_to@asean.or.jp<mailto:info_to@asean.or.jp>)にE-mailにて申込書を提出してください。

申込締切: 8月13日(日)23:59

第64回インタープリテーション・トレーニング・セミナー  @伊東市

アメリカ国立公園のインタープリテーションの手法をベースに、日本の自然公園や環境学習施設の経験からのフィードバックを取り入れた、実践的なインタープリテーション入門講座です。

経験のある方も、全く経験のない方にも、インタープリテーションに関心のあるすべての方におすすめします。

【日 時】 2017年8月3日 (木) ~8月6日 (日)
(初日13:00 開始、最終日15:00終了予定)

【場 所】静岡県伊東市
【定 員】 20名
【対 象】 18歳以上(高校生不可)
※解説経験や自然に関する知識がない方もOK。

【参加費】 65,000円  学生 60,000円
(宿泊、食事、研修費、テキスト、教材費を含む )

【スタッフ】※予定
ディレクター:
古瀬 浩史 : 帝京科学大学/日本インタープリテーション協会代表理事
トレーナー:
増田直広 公益財団法人キープ協会/
都留文科大学・関西学院大学等 非常勤講師
      日本インタープリテーション協会理事
小川結希 自然教育研究センター/日本インタープリテーション協会フェロー

【内 容】
インタープリテーションの概念と手法や事例体験、
コミュニケーション実習、インタープリテーション実践実習 など。
※当協会のセミナーについては、「セミナー等」のページもご覧下さい
※セミナーの詳しい内容はITSのシラバス(2017年度版)を御覧ください。
日本インタープリテーション協会のFacebookページで、過去の研修会の様子が写真で見られます。こちらもご参考まで。
※ご不明な点がありましたらお問合せください。

【申込み締切り】 7 月 15 日 ( 金 )  ※定員になり次第受付終了

【申し込み方法】
●方法1 第64回ITS申込みフォームからお申し込みください

 第64回ITS申込みフォームhttp://urx.red/DYZu

●方法2(フォームの入力が難しい場合):

下のファイルをダウンロードして記入し、Eメール添付もしくは郵送でお送り下さい。

ITS申込書(Excel)
ITS申込書(PDF

【お問合わせ・申込書送付】

E-mail:aij(アットマーク)interpreter.ne.jp  電話:03-6868-5499(担当小川、古瀬)
郵送先:〒176-0024 東京都練馬区中村2-24-5 日本インタープリテーション協会

第65回 インタープリター トレーニング セミナー @南あわじ市

アメリカ国立公園のインタープリテーションの手法をベースに、日本の自然公園や環境学習施設の経験からのフィードバックを取り入れた、実践的なインタープリテーション入門講座です。

経験のある方も、全く経験のない方にも、インタープリテーションに関心のあるすべての方におすすめします。

【日 時】2017年11月2日 (木) 〜 11月5日 (日) 
(初日13:00 開始、最終日15:00終了予定)

【場 所】兵庫県 国立淡路青少年交流の家
【定 員】 20名
【対 象】 18歳以上(高校生不可)
※解説経験や自然に関する知識がない方もOK。

【参加費】 65,000円  学生 60,000円
(宿泊、食事、研修費、テキスト、教材費を含む )

【スタッフ】※予定
ディレクター:
 西村 仁志(環境共育事務所カラーズ代表/広島修道大学人間環境学部教授/日本インタープリテーション協会理事):

トレーナー:
 仲上 美和(環境教育事務所 Lino works)/日本インタープリテーション協会フェロー

【内 容】

インタープリテーションの概念と手法や事例体験、
コミュニケーション実習、インタープリテーション実践実習 など。
※当協会のセミナーについては、「セミナー等」のページもご覧下さい
※セミナーの詳しい内容はITSのシラバス(2017年度版)を御覧ください。
日本インタープリテーション協会のFacebookページで、過去の研修会の様子が写真で見られます。こちらもご参考まで。
※ご不明な点がありましたらお問合せください。

【申込み締切り】10 月 12 日 ( 木 ) ※定員になり次第受付終了

【申し込み方法】
●方法1 第65回ITS申込みフォームからお申し込みください

 第65回ITS申込みフォーム:https://goo.gl/forms/3acKDa5CK2xeQtsw2

●方法2(フォームの入力が難しい場合):
下のファイルをダウンロードして記入し、Eメール添付もしくは郵送でお送り下さい。

ITS申込書(Excel)
ITS申込書(PDF

【お問合わせ・申込書送付】

E-mail:aij(アットマーク)interpreter.ne.jp  電話:03-6868-5499(担当小川、古瀬)
郵送先:〒176-0024 東京都練馬区中村2-24-5 日本インタープリテーション協会

国際生物多様性の日「生物多様性と持続可能な観光シンポジウム」 ~国立公園のインタープリテーションを考える~ 

国際生物多様性の日
「生物多様性と持続可能な観光シンポジウム」
~国立公園のインタープリテーションを考える~

●日 時  平成29年5月13日(土) 13:00~17:00
●場 所  国連大学エリザベス・ローズ国際会議場
●主 催 日本インタープリテーション協会、環境省
国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)
地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
●協 力 国連生物多様性の10年委員会(UNDB-J)
立教大学ESD研究所
●参加費 無料
●内 容 アメリカ国立公園のレンジャー、日本のインタープリターなど
をゲストに迎え、これからの国立公園やインタープリテーションについて考えます。

※以前の広報、および下記のチラシとゲストが一部変更になっています。
●ゲスト:
トッド・ヒサイチ氏/アメリカ国立公園局ミュアウッズ国定公園レンジャー
マイア・ブラウニング氏/元アメリカ国立公園局研修開発部
ジャック・スピンラー氏/元アメリカ国立公園局パークレンジャー/パークプランナー

●日本の登壇者
吉田 正人 /筑波大学教授
岩崎由美/Project WAVE、八丈町議員
古瀬浩史/日本インタープリテーション協会、帝京科学大学 他
●定 員 130席

申込はこちらから
http://www.kokuchpro.com/event/ip_symposium0513/

情報は随時、当会ホームページで更新します。
http://www.interpreter.ne.jp/

問い合わせ:ip-infoアットマークinterpreter.ne.jp ※左記の「アットマーク」を「@」に。