投稿者「furuse」のアーカイブ

【受付終了】6月5-7日 『インタープリターズ・フォーラム 2021 ONLINE』

全国のインタープリターが山梨県清里高原に集い、交流や情報交換を行ってきたインタープリターズ・フォーラム。既報の通り、今年もオンラインで開催させとなります。この度、全体会トークセッションや分科会の内容が概ね決まりましたので、いよいよ受付を開始させていただきます。

 コロナ禍で迎えた昨年のインタープリターズ・フォーラムでは、この状況を何とかしなければという皆さんの思いが集結し150人を超える参加者が集いました。あれから一年、インタープリテーションを取り巻く社会の状況は改善しているとは言い難い状況です。その中でこの一年全国のインタープリターたちはどのような取り組みをしてきて、更にコロナ後をどのように見据えているのでしょうか。

 今年のフォーラムは「インタープリテーションの今と未来」を主題に、インタープリターの様々なチャレンジを紹介しながら、全国のインタープリターを繋ぎ、その先を考えていく、そのような場にしたいと思います。

 全国のインタープリター、もしくはインタープリテーションに関心をお持ちの皆さんのご参加をお待ちしています! 

<インタープリテーションとは?>
地域資源(自然や文化、歴史など)の意味や価値を伝えることを通して持続可能な社会づくりに貢献する教育。自然公園や多様な教育の現場、観光などに活用されています

==============================

■開催概要

  • 主催 一般社団法人日本インタープリテーション協会
    日時 2021年6月5日(土)~7日(月) いずれも午後
       ※オンラインミーティングソフトZoomを使用します
    対象 インタープリター、インタープリテーションに関心をお持ちの方
  • 定員 100人
    内容 5日:トークセッション、インタープリテーション協会アナウンス
               6日・7日:研究発表・実践紹介、分科会
    参加費 一般3,000円、学生1,500円

 ■申込方法

Peatixでお申し込みいただきます。以下から申込フォームに進み参加登録してください。

申し込みフォーム:https://ipf2021.peatix.com/

  • 事前に参加申込みが必要です。(先着順で定員に達し次第締め切ります)。
    研究発表も募集中です。発表希望者は下方の「インタープリターズ・フォーラム2021 研究発表・実践報告の募集」をご覧ください 研究発表は募集終了しました。

==============================

■実施スケジュール

<6月5日(土)>

13:00開始

  • 開会式
  • トークセッション「新しい社会でのチャレンジ」

・その1

 登壇予定ゲスト
 大堀健司さん(エコツアーふくみみ)
 菊間彰さん(一般社団法人をかしや)
 志賀壮史さん(NPO法人グリーンシティ福岡)

・その2

 登壇予定ゲスト
 飯田貴也さん(NPO法人新宿環境活動ネット)
 坂本和弘さん(葛西臨海水族園)
 中村千穂さん(アクアマリンふくしま)

○インタープリテーション協会セッション
IP協会が考えるこれからのIPトレーニング」(古瀬浩史・西村仁志)

18:00終了予定

自由参加「夜のおしゃべり部屋」

<6月6日(日)>

13:00開始

  • 研究・事例発表
  • 分科会

分科会1「これから就職する人へのガイド」
分科会2「全国の現場から~情報交換と交流と~①」
分科会3「インクルーシブ・インタープリテーション」を考えよう」
分科会4「インタープリテーションの活用法を見つけよう!」

17:45終了予定

自由参加「夜のおしゃべり部屋」

 <6月7日(月)>

13:00開始

  • 研究・事例発表
  • 分科会

分科会6「全国の現場から~情報交換と交流と~②」
分科会7「市民参加型調査をやってみよう!~“日米インタープリテーション・オンライン研修会withグレート・スモーキー・マウンテン国立公園”を経て~」
分科会8「全国の現場から~情報交換と交流と~③」
分科会9「インタープリテーション×SDGs 〜グローバルな視点・ローカルな視点〜」
分科会10「「インタープリターとしてある」を描きなおす。」

 18:35終了予定

自由参加「夜のおしゃべり部屋」

==============================

 ■トークセッション詳細

「新しい社会へのチャレンジ」を主題に、ゲストスピーカーからの活動や考えの紹介をいただくとともに、スピーカーと参加者を双方向でつなぎ、未来を考えていく、そんな時間です。

 <その1>

その1は、エコツアーやプログラム受託、講師などの事業を行い、主に個の力で活動されている3人です。人の往来が制限される中、とても個性的でアイディアあふれる取り組みをご紹介いただきます。

 

 

 

 

大堀健司さん(エコツアーふくみみ)
石垣島の観光と環境教育の個人商店「エコツアーふくみみ」代表。
ふくみみは今年で開業20周年。小さい経営規模のまま多様で密度の高い仕事をゆるやかにがんばっております。

 

 

菊間彰さん(一般社団法人をかしや)
1974年生まれ。「一般社団法人をかしや」代表理事。環境教育とインタープリテーションが専門。ロープワークやナイフワーク、火起こしなどアウトドア全般も得意。富士山麓、沖繩、新潟など全国で仕事をしたのち、2008年より愛媛県今治市に移住「をかしや」を起業。インプリ研修等多数実施。2020年初の著書「もう一度会いたい」と思われる人になる インタープリターが伝えるコミュニケーションと探求の極意」を上梓した。

 

志賀壮史さん(NPO法人グリーンシティ福岡)
NPO法人グリーンシティ福岡の理事として、環境保全や環境教育分野の対話・体験の場づくりを行なっています。2020年4月からオンライン型の自然観察会を実施し、そのノウハウを「オンライン観察会はじめてガイド」としてまとめ配布中。大分県竹田市出身で好きな食べ物はカボスをかけた白菜の漬けものです。

<その2>

その2は、主に施設での活動を主体にしている皆さんです。施設を核とするインタープリテーションは多くの人の心を動かす利点がありますが、多くの施設はこの一年休館や利用制限などを余儀なくされました。そのような中での取り組みやこの先の館の活動のあり方をお話いただきたいと思います。

坂本和弘さん(公益財団法人東京動物園協会 葛西臨海水族園 副園長兼飼育展示課長)
東京水産大学大学院修士課程修了後、1986年に上野動物園水族館に配属。葛西臨海水族園の開園準備に関わり、その後、東京都水産試験場にも。都立動物園水族園で教育普及事業にも関わり、長年「生きている動物」を見せながら、誰に何を伝えるのか考えてきました。

 

 

飯田 貴也さん(NPO法人新宿環境活動ネット 代表理事)
新宿区立環境学習情報センターの「環境学習コーディネーター」として、学校と地域(市民・NPO/NGO・企業・行政)をつなぐ役割を担い、小・中学校における出前授業やワークショップなどを年間80件ほどコーディネート。「ESD円卓会議」「日中韓環境教育ネットワーク(TEEN)国内委員会」等で委員を務める


中村千穂さん(アクアマリンふくしま 縄文の里グループ主任)
小~中学校をインドネシア・ジャカルタで過ごし、心身共にどっぷり海に浸かる。帰国後、東京水産大学(現・東京海洋大学)へ進学しさらに深度を増し、2004年にアクアマリンふくしまへ入社。2010年、急に上陸(哺乳類の担当になる)。以来、動物に囲まれた毎日を過ごしながら教育普及にもちょこちょこ手を出す移り気な飼育員。ビールが大好き。

==============================

■分科会詳細

設定された話題で進行する、参加型セッション。本フォーラムの実行委員を中心に、これからのインタープリター/インタープリテーションを考える内容を取り揃えました。2部屋同時進行していきます。

分科会1「これから就職する人へのIPガイド」

「フォーラム参加者の中には、いままさにインタープリターになるために勉強中、就職・転職活動中という方もいらっしゃるかもしれません。この分科会では、インタープリターとはどんな仕事なのかおさらいしつつ、どんな職場や関わり方があるのか、最近の求人の傾向など見ていきたいと思います。参加者からの質問も受けながら、インタープリターになりたい人を応援していく時間にしたいと思います。」

ナビゲーター:坂田大輔(㈱自然教育研究センター)、小川結希(㈱自然教育研究センター)

分科会2「全国の現場から~情報交換と交流と~①」

北海道から沖縄まで。
各地のインタープリターからの事例発表を議論の中心にしながら交流を目的とした分科会です。
議論を深めることよりも情報交換や交流のきっかけづくりを目的としていますが、人との対話により気づきが深まることを期待しています。
各分科会(60分)で3名(各10分)の発表とそれを基にしたグループでの情報交換(30分)で運営します。

【北海道】大雪山自然学校 社本 麗南 さん
【関西】ポジティブアースネイチャーズスクール 赤尾 操 さん
【対馬】対馬里山繁営塾 藤川 あも さん

ナビゲーター:小林政文(がじゅまる自然学校) 

分科会3「インクルーシブ・インタープリテーション」を考えよう

インタープリテーションは誰もが参加できるものであり、多様な人々が参加していると各々の発見や学びが大きくなると考えています。今回の案内役の2人は「みんなで楽しむインタープリテーション」勉強会を立ち上げ、特に障がいの視点でのインクルーシブ・インタープリテーションの実践や情報交換をしています。本分科会では上記勉強会からの話題提供や皆さんとの情報交換を行います。関心をお持ちの皆さん、ご一緒しましょう。

ナビゲーター:
    増田直広(鶴見大学短期大学部、日本インタープリテーション協会)
       この4月より環境教育の視点を持った保育者養成に奮闘中
    大下歩:エコツーリズムを学ぶ全盲女子。単身コスタリカ
       へ行き、インクルーシブ・ツーリズムを学ぶ

分科会4「インタープリテーションの活用法を見つけよう!」

インタープリテーションって、どんなところで使われているでしょうか?国立公園や教育施設だけでしょうか?分科会では、身近な活動や個人事業などで地域教室・保育・観光での活用方法の事例をもとに、背景にある課題やインタープリテーションを活用するアイデアなど、参加者の皆様と情報共有しながら考えていきたいと思っています。気になる方、これから始める方、すでに活動している方など、ご一緒できることを楽しみにしております。

ナビゲーター:手塚幸恵(会社役員。Kid’s Lab.小笠原、ギャラクティック・キッズ主宰)
  自然の中でインタープリテーションを使った観察会を開催。
  島外の人とつながるコラボ企画「UMITANI+ty」をスタート。

長谷川幸子(一般社団日本インタープリテーション協会理事)
  保育と自然をつなぐ研究会自然遊びコーディネーター。 幼児教育の場で自然を伝えるインタープリテーション活動に従事。

松原邦雄(ジャングルトレッキングガイド):環境省自然公園指導員。東京都・小笠原村認定ガイド。父島で初の山と自然のガイドになり、インタープリテーションを使ったガイドを実践。

分科会5「1枚の写真@いいね!IP」

皆さんの記憶に残るインタープリテーションはありますか?このセッションでは、感銘を受けたり感心したりしたインタープリテーションを、その場面を記録した写真を元に参加者で語り合います。感銘を受けたIP体験をした人はぜひそれを分かちあいませんか。また、IPの技術を向上させたいと思っている人、IPをどう展開したら良いか悩んでいる人は必見!話題提供も質疑もポジティブに「いいね!」で進めたいと思います。

ナビゲーター:森恭一(帝京科学大学)・山田菜緒子(金沢大学)

分科会6「全国の現場から~情報交換と交流と~②」

北海道から沖縄まで。
各地のインタープリターからの事例発表を議論の中心にしながら交流を目的とした分科会です。
議論を深めることよりも情報交換や交流のきっかけづくりを目的としていますが、人との対話により気づきが深まることを期待しています。
各分科会(60分)で3名(各10分)の発表とそれを基にしたグループでの情報交換(30分)で運営します。

【小笠原】プーランプーランシーカヤッククラブ 清水 良一 さん
【東北】奥羽旅人ネイチャーセンター 島貫 陽 さん
【北陸】環境教育事務所ネイチャーブランドプランニング 小川 カツオ 将友 さん

ナビゲーター:小林政文(がじゅまる自然学校)

分科会7:「市民参加型調査をやってみよう! ~「日米インタープリテーション・オンライン研修会withグレート・スモーキー・マウンテン国立公園」を経て~」

4月にオンラインで行われた日米インタープリテーション研修会のテーマであった「市民参加の科学調査×インタープリテーション」では、市民と研究者をつなぐしくみ、市民が収集した科学調査データの活用と成果、参加すること自体が市民の意識に果たす役割など、改めて日本における市民参加型調査の可能性を考えるきっかけとなりました。この分科会では、日本で行われている市民参加の調査プログラムの事始め(始めるための要素と実施プロセス)、具体的なプロジェクトの事例を紹介し、「自分の地域で新たに始めるには?」「より良い活動にしていくには?」を皆で考えたいと思います。

ナビゲーター:増田由香子(フリーランス/獨協大学非常勤講師 )、鹿谷麻夕(しかたに自然案内)、河内直子(Amamo Works)、西村仁志(広島修道大学)、川嶋直(日本環境教育フォーラム)

分科会8「全国の現場から~情報交換と交流と~③」

北海道から沖縄まで。
各地のインタープリターからの事例発表を議論の中心にしながら交流を目的とした分科会です。
議論を深めることよりも情報交換や交流のきっかけづくりを目的としていますが、人との対話により気づきが深まることを期待しています。
各分科会(60分)で3名(各10分)の発表とそれを基にしたグループでの情報交換(30分)で運営します。

【沖縄】カラフルウェーブ 大坪 弘和 さん
【関東】くまつ環境教育事務所 久松 信介 さん
【屋久島】屋久島野外活動総合センター 小原 比呂志 さん
※グループは3名程度を予定 ※ビデオ、声ONでの参加可能な方のみ

ナビゲーター:小林政文(がじゅまる自然学校)

 分科会9「インタープリテーション×SDGs 〜グローバルな視点・ローカルな視点〜」

インタープリテーション(IP)の活動と持続可能な開発目標(SDGs)を結びつけて考えることは、その活動のグローバルな位置付けにつながります。このセッションでは、それに加えてローカルな(社会)課題を組み合わせて考えてみることで、グローバルとローカルの両方の視点から活動の位置づけを探ります。

ナビゲーター:林浩二(千葉県立中央博物館)

分科会10「インタープリターとしてある」を描きなおす。

施設や自然学校で働いている、エコツアーやガイド事業に邁進している… 活躍できる所属やポジションに恵まれている時は、自分をインタープリターだと明言しやすいものです。言わば環境に活かされている状況。何かの拍子にそれを失ったとき、自分の足元がぐらつきませんか?でもその時は、インタープリターとしての自分のあり方を描きなおすチャンスです!
環境やライフステージの変化で、今現在ポジションを見失っている方、お仕事を新たに創ろうと模索している方、他分野で活動しようとしている方も、それぞれ個人の現状把握を起点に、自分が心に描く理想のインタープリター像を明らかにしていきましょう。互いに応援したり協力したりするつながりづくりのきっかけにもなると嬉しいです。育て中の方」「この活動に興味のある方」などのご参加をお待ちしています!

ナビゲーター:仲上美和(フリーランスIP / 環境教育事務所Linoworks代表) 他

==============================

■インタープリターズ・フォーラム2021 研究発表・実践報告の募集

研究発表・実践報告の募集は終了しました。

例年、インタープリターズ・フォーラムでは、研究発表・実践報告として、インタープリターの皆さんが活動の中で調査研究されたことや取り組まれたことの発表の場を設けてきました。今年も、研究発表・実践報告を公募いたします。インタープリテーションに関係する日頃の研究の成果や、実践事例をぜひ共有ください。

募集要項

  • インタープリテーションに関連した内容なら分野は問いません。
  • 当日は発表15分、質疑応答5分の計20分を予定しております。
  • 発表の形式は、パワーポイント、KP法、動画の配信など特に指定はありません。
  • 要旨や発表の様子はフォーラム終了後、日本インタープリテーション協会のホームページで公開する予定ですので、それを前提に作成ください。
  • 発表を希望される方はタイトルと要旨を、下記宛先までお送りください。
  • 要旨はA4サイズ2ページ以内(Wordのテンプレートあり) 研究発表要旨テンプレート
  • 締め切り:5月23日(日)

・宛先:a.interpreter.jアットマークgmail.com(長谷川・小川)

==============================

■当日の参加の仕方について

  • 申込者の皆様に開催前に、詳細スケジュールとZoomのURLを載せた「参加ガイド」をお送りします。
    ご参加にはパソコンやスマホ等の端末とインターネット環境が必要です。
  • フォーラムの実施記録のため、開催中はインタープリテーション協会で録画させていただきます。
  • 録画した各セッション、またはその一部を協会のホームページやYoutubeチャンネルで公開する場合があります。

==============================

■お問合せ

一般社団法人日本インタープリテーション協会
メール a.interpreter.j(アットマーク)gmail.com
担当:長谷川 幸子、小川 結希

 

 

5月31日 『インタープリターズ・フォーラム 2020 ONLINE』開催!(情報更新)

※すでにお申し込みの皆様へ
すでにお申込みが完了した方にはPeatix経由で「参加者ガイド」を送付いたしました。もし未着の方がありましたら、メールでご連絡ください。(念のため、迷惑メールフォルダもご確認ください。)

 

毎年、全国のインタープリターが山梨県清里高原に集い、交流や情報交換を行ってきたインタープリターズ・フォーラムですが、新型コロナウイルスの状況に鑑み、オンラインで開催します!

「インタープリテーションの今とこれから」を主題にトークセッション、研究発表・実践紹介、分科会などを実施します。
インタープリテーションの特徴である双方向性・多方向性も活かし、今までにないフォーラムにチャレンジします。

皆さんのご参加をお待ちしています!

==============================
<参加者募集!>

5/26に一般枠が満員となり、いったん申し込みが締め切られましたが、追加で20名を募集いたします。5/26の18:30から追加募集開始です。

インタープリターズ・フォーラム2020 ONLINE

■開催概要

・主催 一般社団法人日本インタープリテーション協会
・日時 2020年5月31日(日) 10:00~21:15 途中休憩あり
・対象 インタープリター、インタープリテーションに関心をお持ちの方
・定員 100人
・内容 トークセッション、研究発表・実践紹介、分科会、など
・参加費 一般2,000円、学生1,000円

■申込方法

以下から申込フォームに進み参加登録してください。
申し込みフォーム:https://interpreter2020.peatix.com/
・事前に参加申込みが必要です。
・5月29日までにお申込みください(先着順で定員に達し次第締め切ります)。
・研究発表も募集中です。発表希望者は下記ページをご参照ください。。
インタープリターズフォーラム2020 ONLINE発表募集要項

■コンテンツの概要(予定)

・午前10:00から夜21:15まで、休憩をはさみながら終日開催!
・お好きな時間を選んで参加いただけます。
・メインプログラムとは別に、だれかと出会える(かもしれない)「休憩部屋」も設置します。
・終了後、懇親会も?

午前の部(10:00〜)

○ 開会式
○ 全体会1
○ パネルセッション「インタープリテーションの今とこれから」
ゲスト:アメリカ国立公園局 パークレンジャー・トッド・ヒサイチさん 他 (予定)

午後の部(13:00〜)

○ 講演「インタープリターのカリフォルニア滞在記」 西村仁志(広島修道大学)
20188月から一年間、カリフォルニア大学サンタクルーズ校の客員研究員として滞在しました。期間中ヨセミテをはじめとした国立公園、州立公園の訪問記や、広く取り組まれている学校菜園教育(エディブルエデュケーション)の実践をご紹介します。

○ 研究発表・実践報告(複数の会議室で同時進行)
○ テーマセッション(分科会:複数の会議室で同時進行)
○ 全体会2

夜の部(19:45〜)

○ 日米インタープリターミーティング報告(予定)
○ ゆるゆるセッション(気軽に参加できる話題提供の時間)

■当日の参加の仕方について

○ 申込者の皆様に、開催1週間前までにフォーラムの「参加ガイド」をお送りします。
○ ご参加にはパソコンやスマホ等の端末とインターネット環境が必要です。
○ システムとしてZoomを使います。
○ Zoom初心者の方のための練習会も予定しています。

■テーマセッション(分科会)の内容が決定!

 設定された話題で進行する、参加型セッション。
 4部屋同時進行です。どれかを選んで参加ください。

テーマセッション1
「オンラインIPのためのガジェットをあれやこれや語る部屋」
ナビゲーター:西村仁志(広島修道大学/環境共育事務所カラーズ)、古瀬浩史(帝京科学大学/日本インタープリテーション協会)

 オンライン化が急速に進む中で、動画作成やネットでの配信を求められる機会が増えています。スマホ一つで、いろいろなことができますが、ガジェット(道具・装置)の追加で使い勝手やクオリティががったり、逆にせっかく予算投資したのに、期待はずれだったりということも・・。この部屋では、動画やその配信、それらのための道具について、「あれやこれや」語ります。どちらかというと気楽な、情報交換部屋です。

テーマセッション2
「広げたい!子育てママさんパパさんへのインタープリテーション」
 ナビゲーター:長谷川幸子(日本インタープリテーション協会)、小川結希(自然教育研究センター、増田由香子(フリーランス/獨協大学非常勤講師 )

この十数年で「森のようちえん」が注目を浴びるようになり、「幼児期の自然体験は大切」という考えは徐々に広がってきています。しかし、幼児にとって一番身近な存在である大人「お母さんやお父さん」自身の自然体験が乏しかったり、方法や機会を知らない、特に子育てがスタートしたばかりの新米ママ・パパにもっとアプローチできないかな?と考えています。このセッションでは先進的な活動事例をいくつか紹介、参加する皆さんの事例も交えつつ、今後に向けての新しいアイディアを出し合います。「すでにママパパ向けIPをしている方・これからしてみたい方」「子育て中の方」「この活動に興味のある方」などのご参加をお待ちしています!

テーマセッション3
「あつまれインタープリテーション入門」
 ナビゲーター:鳥屋尾健(キープ協会)、坂田大輔(自然教育研究センター)

「インタープリターの今とこれから」をキーワードに開催する今回のフォーラム。中には、ごく最近になってインタープリテーションを知って参加してくださった方や、これからインタープリターになるためのきっかけとして参加された方もいらっしゃるかもしれません。このセッションでは、簡単な実習も交えて改めてインタープリテーションの基本的な考えと意義を確認しつつ、皆さんからの質問にもお答えしていくような時間にしたいと思います。初心者歓迎、学生さんからセカンドライフを始められた方まで老若男女問いません。お気軽にご参加ください。

テーマセッション4
「自然以外のインタープリテーション]
ナビゲーター:高田 研(都留文科大学)、林 浩二(千葉県立中央博物館)

IPは博物館/資料館や美術館などの展示、地域の景観や歴史などのガイドウオークなど自然以外の領域においても情報の伝達や教育方法として重要な役割を果たしています。この領域でのIPに関わっておられる方、関心をお持ちの方々にお集まりいただきたいと思います。進行は博物館スペシャリストの林と、環境教育施設や公害資料館に関わっております高田です。それぞれの職場の情報交流に留まらず、「新たな日常」に対応したIPデザインの話にも言及できればと思います。

------------------------------
■お問合せ
一般社団法人日本インタープリテーション協会
メール a.interpreter.j@gmail.com
担当:長谷川 幸子、小川結希

インタープリターが「#こんな時こそ身近な自然観察」でSNSに投稿中

外に出られない日が続いています。
「外」にでること、そして人に会うことを仕事にしているインタープリターも同じように、制限された日々を送っていますが・・

インタープリターが、家の周りでみつけた、自然の「不思議」や「素敵」をSNSに投稿しています。ぜひ検索してみてください。

インタープリターのみなさんは、ぜひハッシュタグを付けて投稿お願いいたします!

ハッシュタグ
#こんな時こそ身近な自然観察
#こんな時こそ自然観察
#インタープリテーション

 

 

インスタグラム #こんな時こそ身近な自然観察
ツイッター #こんな時こそ身近な自然観察

 

インタープリターズフォーラム2020(開催見送り)

「インタープリターズ・フォーラム2020 @清里」の 開催見送り および、
「インタープリターズ・フォーラム  on ZOOM 」の開催検討について

広報しておりました「インタープリターズ・フォーラム2020」(5/31-6/1 @清
里)ですが、昨今の新型コロナウイルスの状況に鑑み、募集開始は難しいと判断
し、予定の日程での開催を断念いたします。参加を検討しくださっていた皆様、
たいへん申し訳ありません。

現在実行委員会では、オンライン会議システムZOOMを活用したフォーラムの開
催の検討をしています。
まずは、元々のフォーラムの開催日であった、5/31もしくは6/1にZOOMでのフ
ォーラムを考えています。
ぜひご予定はそのまま確保ください。

社会の状況を見ながら、オンラインでの交流、小規模なミーティング、「IPラ
ボ(インタープリテーション実験室)」、そして清里でのフォーラムも順次検討
してまいります。

それらの予定は、ホームページやメーリングリスト、Facebook等で広報してま
いります。
インタープリテーションの向上や普及を目指して、どこかでご一緒できれば幸
いです。

日本インタープリテーション協会
インタープリターズ・フォーラム実行委員会

——————————————————————–

インタープリターズフォーラム2020(予報)

インタープリテーションの今とこれから
「IP×観光、IP×教育、IP×お笑い、IP×〇〇・・」

※副題にある「IP」は、『インタープリテーション』あるいは『インタープリター』の略です。

主催:(一社)日本インタープリテーション協会
インタープリターズフォーラム2020実行委員会
共催:(公財)キープ協会(予定)
後援:一般社団法人日本環境教育学会、公益社団法人日本環境教育フォーラム(予定)

このフォーラムは、「インタープリテーション」や「インタープリター」の活動をしている方、
またはそれらに関心をお持ちの方でしたら、どなたでもご参加いただけるフォーラムです。

インタープリテーション分野の可能性は、様々な分野との融合、掛け合わせの先にあるのかも・・
そこで第3回目となる今年は、副題を「IP×観光、IP×教育、IP×お笑い、IP×〇〇・・」としてみました。フォーラムの中で生まれるキーワードも大切にしたいとの思いを込めて、サブタイトルに「×○○」を入れています)。

新しい取組の報告、研究発表(※)、技術交流、情報交換などを通して、

この分野の今とこれからを考え、向上を目指します。
国立公園、ネイチャーセンター、エコツーリズム、ミュージアム、遺産地域、
ジオパークなど、様々な現場からの参加をお待ちしています。

※研究発表・実践報告の時間を設けます。
この時間は今年のテーマに関係なく、インタープリテーションに関することなら発表いただけます。(発表時間15分+質疑応答、意見交換など)
発表や報告をしてくださる方を募集しますので、ぜひご検討ください。

【日 程】2020年5月31日(日) 13:30 ~ 6月1日(月) 15:00
【会 場】山梨県北杜市高根町清里 清泉寮
【対 象】18歳以上(高校生は不可)のインタープリテーションに関心のある方 70名
【内 容】インタープリテーションに関する研究発表・実践報告、テーマに関する全体会、分科会など
【参加費】一般19,500円 学生17,500円(1泊3食)

<お申込みについて>

2020年3月頃に受付を開始する予定です。ホームページ等でご案内いたしますので、
ご確認ください。

日本IP協会(イベント情報):http://interpreter.ne.jp/?cat=10
Facebook: https://www.facebook.com/interpreter.ne.jp/

<お問合せ>
E-mail:a.interpreter.j(アットマーク)gmail.com

*******************************

日米インタープリテーション研修会 @イエローストーン国立公園 報告会 終了

終了

日本インタープリテーション協会では、1995年からアメリカの国立公園局(National Park Service)の協力を得たインタープリテーションの研修会を開催しています。今年度は2019年9月に、世界で最初にできた国立公園といわれるイエローストーン国立公園で、「野生動物とインタープリテーション」をテーマに研修ツアーを実施しました。

バイソンやエルクなど大型哺乳類が住む広大な国立公園でどのようなインタープリテーションが行 われているのか・・。研修会の参加者が撮った写真を見ながら、アメリカの国立公園の魅力やインタープリテーションについて語ります。

日 時:2019年11月27日(水):19:00~21:00

会 場:日能研ビル6階会議室(西日暮里駅徒歩3分)
(日本環境教育フォーラムが1階にある線路沿いの入り口からお入りください)
        http://www.jeef.or.jp/access/  

主 催:一般社団法人日本インタープリテーション協会
共 催:公益社団法人日本環境教育フォーラム(申請中)

参加費:500円

申込み:https://www.kokuchpro.com/event/20bd0abf8a59cd2bb4eb6959ba6de7d5/

話題提供(予定):

トッド・ヒサイチさん
アメリカ国立公園局のレンジャーになる夢をかなえるため、2004年に市民権を取得。これまでにグランドキャニオン国立公園をはじめ、全米各地の6つの国立公園で働いた経験を持ち、現在はカリフォルニア州のMuir WoodsNational Monumentのインタープリターとして活躍中。日米研修会アメリカ側スタッフの一人。

増田由香子さん
日本インタープリテーション協会フェロー。日米研修会の通訳を長年務める。自他共認めるアメリカ国立公園Geek。

古瀬浩史さん
帝京科学大学でインタープリテーションを教えている。日本インタープリテーション協会代表理事。現在、日米研修会の日本側代表。

※その他、今回の日米研修会の参加者に登壇いただきたいと考えています。

日米インタープリテーション研修会2019 イエローストーン国立公園

満員御礼! 無事終了!

イエローストーンで学ぶでアメリカのインタープリテーション

2019年のテーマは「野生動物の保全とインタープリテーション」

日本インタープリテーション協会では、20年以上にわたり、アメリカ国立公園局(National Park Service)の協力を得てアメリカ国立公園にてインタープリテーションを学ぶ研修会を開催しています。2019年9月に第22回の開催が決定しました。2019年9月7日〜15日、イエローストン国立公園で開催です。今回はかなり特別な内容です。まず第1に、場所が国立公園制度誕生の地であり、全米で最も人気のある国立公園である「イエローストーン国立公園」です。第2に今回のテーマは「野生動物の保全とインタープリテーション」です。バイソンの保全や、オオカミ再導入など、話題に事欠かない公園です。たくさんの動物に出会えると思います。第3に宿泊および会場が公園のランドマークである「オールド フェイスフル インOld Faithful Inn」です。なかなか予約が取れない公園を代表するホテルです。大きな木造建築で、とても魅力的です。ぜひウェブ絵検索してみてください。研修はもちろん、アメリカの国立公園を様々な魅力に触れ、満喫できるはずです。

第22回 日米インタープリター研修会 @イエローストーン

アメリカ国立公園局(National Park Service)とのパートナーシップによる、日本人向けのインタープリテーション研修会。アメリカのインタープリテーションの今を直接学べるチャンスです!

日 程(予定):2019年9月7日(土)~9月15日(日)
場 所:米国イエローストーン国立公園
対 象:インタープリテーションに興味が有る方、どなたでも。定員10名。
通訳が同行します。

内 容:雄大な景観のイエローストーンを場に、インタープリテーションのいろいろな方法、メディアについて学びます。今回は特に「野生動物の保全とインタープリテーション」を中心テーマとします。

参加費:34万円(東京から参加される場合。予定。)
現地で研修にかかる費用(施設利用、通訳関係費用、米国スタッフの経費、ロッジング、研修費用等を参加者でシェアします)は
20万円(予定価格です。完全に非営利のプログラムです)。東京から同行を希望される方は、東京から現地までの飛行機代を含めると34万円(予定)となります。(上記予定価格から±1万円程度の振れ幅をご容赦ください。また上記参加費には食事代が含まれません)

※東京から参加される方の航空券および到着日の宿泊については、まとめて旅行会社(日本旅行)に発注いたします(現地の空港集合でも結構です)。当協会はセミナーを主催いたしますが、「旅行主催」はいたしません。往復の旅程については責任を負いかねますので、この点どうぞご了解ください。

概 要:日本インタープリテーション協会では、1995年よりアメリカ国立公園局の協力を得て、研修会を実施してきました。本場のインタープリテーションを、各分野の専門家や現役のレンジャーから直接学ぶ貴重な機会です。また、日米のインタープリターが交流する場にもなっています。

主なスタッフ(予定)

ルディー・ダレッサンドロさん:NPS国際部勤務。アメリカ側のコーディネイター。
トッド・ヒサイチさん:ミュアウッズ国立記念物公園レンジャー
イエローストーン国立公園のスタッフのみなさん
日本側のスタッフとしては、本研修会の通訳を長年担当している増田由香子さん、古瀬浩史(日本インタープリテーション協会、帝京科学大学)が同行いたします。二人とも長く日本で環境教育やインタープリテーションの活動に携わっていますので、経験の少ない方などのフォローをさせて頂きます。(英語が苦手、という方でも問題ありません)

※少数定員の募集ですので、希望される方はおはやめにご検討ください。

ご興味がある方は、どうぞお尋ねください!

申込・お問い合わせ
担当者:古瀬浩史(日本インタープリテーション協会・帝京科学大学)
E-mail:furuseアットマークntu.ac.jp  電話:03-6868-5499(担当古瀬)

2019年6月 インタープリター・トレーニング・セミナー(第66回)

諸事情により中止を決定しました。次のセミナーは改めて告知いたします。

自然や歴史地域、ミュージアム、ジオパーク、街歩きガイドなど、さまざまな場での教育的なコミュニケーションを想定した「インタープリテーション」の入門講座です。
この講座(略称ITS)は、1991年に始まり、今回が66回目になります。社会状況の変化や新しい情報に基づき常にアップデートしてきました。
アメリカ国立公園局で体系付けられたインタープリテーションの考えをベースにしながら、国内の自然公園や環境学習施設での実践経験からのフィードバック、大学等の新しい研究成果を反映した実践的な内容です。

インタープリテーション活動の経験のある方も、全く経験のない方にも、インタープリテーションに関心のあるすべての方におすすめします。基本に立ち返って、ガイドや解説プログラムの向上を考えたり、インタープリテーションの奥深い世界を覗いてみませんか?

なお、今回の研修会では、インタープリテーションのトレーニングに関しての調査を行います。
調査結果は研究やITSプログラムの改善のために使用いたします。研修中や、研修前後にアンケートを予定していますので、どうぞご了解の上お申し込み願います。

【日 時】2019年6月27日 (木) 〜 6月30日 (日) 
(初日13:00 開始、最終日15:00終了予定)

【場 所】石川県金沢市 金沢大学サテライトプラザ (金沢市西町教育研修館内)

【主催】一般社団法人 日本インタープリテーション協会
【協力】
金沢大学人間社会学域 環境教育・コミュニケーション研究室
【定 員】 20名
【対 象】 18歳以上(高校生不可)
※活動経験が無い方、自然等に関する知識がない方もOK。

【参加費】39,000円  学生30,000円
(研修費、教材費等を含む 。※宿泊食事は含みません)

【スタッフ】※予定
■ディレクター:
・古瀬 浩史(帝京科学大学/日本インタープリテーション協会代表理事)
インタープリテーションに関わる人材育成、教材開発、全体計画など、
「インタープリテーション」をメインテーマに、大学やNPO等で活動。

■トレーナー:
・増田 由香子(
日本インタープリテーション協会フェロー)
静岡県出身。会社員を辞めてアメリカに留学、国立公園や環境教育NGOなどで環境教育やインタープリテーションの仕事を経験後帰国。山梨県清里の(公財)キープ協会・環境教育事業部の仕事を経てフリーランスへ。専門分野の通訳や翻訳、0~4歳の乳幼児とお母さんのための宿泊型自然体験キャンプ「ママチルキャンプ」主催、地域の資源を活かした「体験型婚活イベント」の企画プロデュースやファシリテーターの仕事等を行っている。獨協大学非常勤講師。

 

【内 容】
インタープリテーションとは何か?(講義やプログラム体験)
インタープリテーションの理論(講義、実習)
インタープリテーションを計画、実施、改善の実習
※セミナーの詳しい内容はITSのシラバス2019を御覧ください。
日本インタープリテーション協会のFacebookページで、過去の研修会の様子が写真で見られます。
※ご不明な点がありましたらお問合せください。
※過去の多くのセミナーは、「合宿形式(研修施設に全員宿泊するスタイル)」で行ってきましたが、今回は金沢市内の施設を会場に「通い形式」の実施となります。そのため参加費には宿泊や食事の費用は含まれません。
※会場の周辺は徒歩圏内にたくさんの宿泊施設がありますので、申込者に情報提供いたします。

【申込み締切り】
6月20日 ( 木 )  ※定員になり次第受付終了

【申し込み方法】
●方法1 第66回ITS申込みフォームからお申し込みください

 第66回ITS申込みフォーム:https://forms.gle/QMongAX7hkMQy6E18

●方法2(フォームの入力が難しい場合):
下のファイルをダウンロードして記入し、Eメール添付もしくは郵送でお送り下さい。

ITS申込書  (Excel)

ITS申込書(PDF)

【お問合わせ・申込書送付】

E-mail:aij(アットマーク)interpreter.ne.jp  電話:03-6868-5499
郵送先:〒176-0024 東京都練馬区中村2-24-5 日本インタープリテーション協会

『インタープリターズフォーラム2019』申し込み受付開始

『インタープリターズフォーラム2019』

主催:(一社)日本インタープリテーション協会
共催:(公財)キープ協会

「インタープリテーション」や「インタープリター」に関心お持ちの方でしたら
どなたでもご参加いただけるフォーラムです。
インタープリテーション分野の、新しい取組の報告、研究発表、技術交流、
情報交換などを通して、この分野の向上を目指します。
国立公園、ネイチャーセンター、エコツーリズム、ミュージアム、遺産地域、
ジオパークなど、様々な現場からの参加をお待ちしています。

今回もインタープリテーションに関する研究発表・実践報告の時間を設けます。
(発表時間15分+質疑応答、意見交換など)
発表や報告をしてくださる方を募集しますので、ぜひご検討ください。

・日程:2019年5月31日(金)~6月1日(土)
・会場:山梨県北杜市高根町清里 清泉寮
・対象:18歳以上(高校生は不可) 50名
・内容:インタープリテーションに関する研究発表・実践報告、全体会、分科会など
・参加費:一般19,000円 学生17,000円(1泊3食)
・スタッフ:古瀬浩史、川嶋直、長谷川幸子、増田直広ほか
・後援(予定):一般社団法人日本環境教育学会、公益社団法人日本環境教育フォーラム

●分科会テーマ(予定です。タイトルや内容は変わる可能性があります。)

分科会1.『「インタープリターを育てる」とはどういうことか?
〜研修・教育設計(インストラクショナルデザイン)を考えよう〜』 担当:川嶋直・古瀬浩史

分科会2.『インタープリテーション認知度向上委員会』 担当:増田直広

分科会3.『インタープリテーション・プログラムの体験とふりかえり』 担当:増田由香子

※1.分科会3「インタープリテーション・プログラムの体験とふりかえり」では
プログラムの相互体験を計画しています。そこで、キープ協会のフィールドで実施可能なプログラムの実施者を数名募集する予定です(1人20分)。
募集については、お申込み者に別途ご案内差し上げます。

※2.フォーラムの詳細については、開催2週間前くらいにメールにてお送りいたします。

※3.子ども同伴でないと参加できない方はご相談ください(託児所はございません)。

<お申込みについて>

・以下のURLより、申込みサイトにお入りください。

https://www.kokuchpro.com/event/07cbe25fa9e6facae8962e0017de576a/

※こくちーずプロのサイトのイベント検索で「インタープリターズフォーラム2019」
と入れることも可

・申込みサイト内の参加者数(一般と学生の人数)は目安人数です。
それぞれが定員になってしまっても、全体に空きがある場合はご参加いただけます。

その場合、参加費はご自身の該当する金額になりますので、必ず以下のお問合せ先にお知らせください。

●お問合せ:
E-mail:a.interpreter.j(アットマーク)gmail.com

インタープリターズフォーラム2019 (5/31-6/1)@清里 ※予報

<インタープリターズフォーラム2019開催のお知らせ>

主催:(一社)日本インタープリテーション協会
共催:(公財)キープ協会

「インタープリテーション」や「インタープリター」に関心お持ちの方でしたら
どなたでもご参加いただけるフォーラムです。
インタープリテーション分野の、新しい取組の報告、研究発表、技術交流、
情報交換などを通して、この分野の向上を目指します。
国立公園、ネイチャーセンター、エコツーリズム、ミュージアム、遺産地域、
ジオパークなど、様々な現場からの参加をお待ちしています。

今回もインタープリテーションに関する研究発表・実践報告の時間を設けます。
(発表時間15分+質疑応答、意見交換など)
発表や報告をしてくださる方を募集しますので、ぜひご検討ください。

※受付体制が整いましたら、再度広報いたします。

・日程:2019年5月31日(金)~6月1日(土)
・会場:山梨県北杜市高根町清里 清泉寮
・対象:18歳以上(高校生は不可)
・内容:インタープリテーションに関する研究発表・実践報告、全体会、分科会など
・参加費:19,000円(1泊3食)
・スタッフ:古瀬浩史、川嶋直、長谷川幸子、増田直広ほか
・後援(予定):一般社団法人日本環境教育学会、公益社団法人日本環境教育フォーラム

●お問合せ:
一般社団法人日本インタープリテーション協会
E-mail aij@interpreter.ne.jp

金沢大学とインタープリテーション協会の共催による新たなトレーニング 2019

日本インタープリテーション協会と金沢大学環境教育・コミュニケーション研究室の共催で、実践と研究を融合したトレーニングを実施します。理論とリサーチ結果に基づいた「インタープリテーションを効果的にする方法」について、演習を通して技能を修得する時間です。

インタープリテーションがうまくいったとき、それがなぜだったのかわかりましたか?たまたまインタープリテーションがうまくいったのではなく、意図的にうまくいく、効果あるものにできるようにする。インタープリテーションをグッドに、そしてさらに、ベストなものにしていこうというトレーニングです。

今回はインタープリターがおこなうガイドウォークやトーク、プレゼンテーションの技能向上・習得を目指します。実践と研究を融合した実践的な新しいトレーニングでもあり、トレーナーもわくわくしています!美味しいものと趣ある街並み、文化の残る金沢で、インタープリテーションのwhyとhowを一緒に考えてみませんか

日 程:3月2日(土)〜4(月)9:00-17:00(変更の可能性あり)宿泊は含みません
場 所:石川県金沢市(場所の詳細は参加者に通知します)
対 象:インタープリテーションの実践経験者
ツアーガイド、エコツアー・博物館・遺産施設・動植物園・水族館・自然公園や都市公園・ジオパークなどで来訪者に対するコミュニケーションに携わっている方
人 数:20人
条 件:リサーチにご参加いただけること(アンケートへの回答など調査にご協力いただけることが必須となります)
参加費:30,000円(研究助成金により、参加費を低く設定できています)
内 容:インタープリテーションの4原則、成果、目的、意味づくり、ストーリなど。
特 徴:リサーチによりインタープリテーションに必要な技能と言われている要素に絞っている。TORE原則という世界中で展開されているインタープリテーションの必須要素を演習する。
申 込:ご参加のお申し込みは、簡単なインタープリテーション経験歴(何ヶ月・何年などだけで結構です)を添えて山田(yamada@staff.kanazawa-u.ac.jp)までメールをお送りください。受付後、参加申し込みをお送りします。

トレーナーについて:
古瀬 浩史(ふるせ こうじ) 帝京科学大学アニマルサイエンス学科教授。インタープリテーションの全体計画、人材育成などが主な専門領域。日本インタープリテーション協会の主催セミナーを始め環境省や地方自治体、NPO等が主催する各種の研修会でトレーナーを務めている。海の環境教育に関する教材開発やサンゴ礁保全のための環境教育活動などにも取り組む。

山田菜緒子(やまだなおこ) インタープリテーションをTORE原則の提唱者であるDr. Sam H. Ham(当時University of Idaho)から学び、アメリカの大学院でPh.D.(博士号)取得。社会心理学、コミュニケーション理論に基づいたインタープリテーション、ビジタースタディ、free-choice learningを研究対象にしている。環境保全、野生生物保護、遺産保全のためにインタープリテーションを活用することを目指している。これまでにアメリカ、韓国、トルコなどで勤務。現在は金沢大学人間社会学域講師。